読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理想の世界

人間性

人は機械の身体で生き、老いることも死ぬこともなく、年齢、容姿、性別、人種による差は全てなくなる。

自分と違う人間や過ぎていく時間を恐れる必要はなくなる。

 
親子、夫婦、恋人同士、上司と部下、といった人間関係は全てなくなり、全ての人が友達同士であると同時に誰とも関わらず孤高に生きることもできる。
 
生活に必要なものの生産やインフラ・交通の管理は全てロボットとAIによって自動化され、娯楽になるものや創作物は作りたいだけ人が作り、遊びたい人だけが遊び、制作者と消費者が互いに敬意を持って接するようになる。
経済はなくなり、労働は義務ではなく趣味になる。
 
地球の土地が余る程度の人口で構成され、新しい人間が増えて世界が狭くなることはない。
いつでも住みたい場所に住み、行きたいところに行き、見たい景色だけを見ることができる。
 
記憶はすべてデジタル化され、大切な記憶を忘れないようにすることも嫌な記憶を消すことも簡単にできる。
考えの違いによる対立はなくなり、人々の記憶を元にコンピュータが打ち出した最も合理的な思想が全人類の前提となる。
 
モノや地位を奪い合ったり人に優劣をつけるような競争は無く、純粋な遊戯以外の勝負は存在しない。
全ての人間が平等で、他人と違うことがメリットになることもデメリットになることもない。
 
そういう世界を作りたい。