読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェイに逢うてはウェイを斬り、オタクに逢うてはオタクを斬る。

世に従えば身苦し。従わねば狂せるに似たり。

総評・2015年じゃないGAME OF THE YEARなど

(<<前回の記事の続きです)

it-onigiri.hatenablog.com

 

 

~2015年発売じゃない今年遊んだGAME OF THE YEAR~

※こっちのレビューはかなり適当

【大賞】
Sid Meier's Civilization V(PC)

f:id:Onigiri-IT:20151230181711j:plain

 

・時間泥棒の一言に尽きる。誇張表現抜きに気づいたら24時間経ってたゲームは人生でこれだけ。電子ドラッグなので眠たさや空腹を感じずに続けられてしまうのが本当に恐ろしい。シミュレーションゲームは苦手な自覚があっただけに、ここまでハマるとは思ってなかった。今は意図的にアンインストール中。

 

【特別賞】
トトリのアトリエ ~アーランドの錬金術士2~(PS Vita)

f:id:Onigiri-IT:20151230192641j:plain

・アニメで萌えキャラばかり見ているのであまりゲームには萌えを求めず、この手の絵柄のってどれもネプテューヌみたいにゲームとしては微妙なんだろうなと思ってたけど、意外に独自のシステムが確立された硬派なRPGで驚いた。コマンド式RPGの「知は力なり」的な面白さを武器やキャラ特性よりアイテムに特化させてるのは面白い。

 

バイオハザード HDリマスター版(PC)

f:id:Onigiri-IT:20151230192648j:plain

・「がっこうぐらし」を見ながら、そういえば自分はゾンビものを知らなさすぎると思い今更ながら始めてみたもの。遊んでみると「固定カメラじゃないと楽しめない面白さ」は納得。結構難しくてやりごたえもあるし普通に怖いしで、やはり有名所のタイトルはやっとくべきだなと実感した。



~その他2015年発売じゃない今年遊んだゲーム~
Dragon Age: Inquisition
Alan Wake
Crysis 3
P.T.
Deus Ex: Human Revolution
Left 4 Dead 2
バイオハザード4
Tom Clancy's Splinter Cell: Conviction
Portal Stories: Mel
DmC Devil May Cry


【総評】
2015年は大当たりの新作大型タイトルが多く、ひたすら虚無な現実世界と違ってとても満足度の高い一年でした。一方で、振り返ってみると今年はレトロなゲームをほとんど遊んでいないことに気づきます。新しいものに夢中で過去を振り返ってる暇がなかったというのは、いち消費者としてはいい傾向なのかもしれません。


また、E3でのファイナルファンタジーVIIリメイク発表、「いわっち」こと任天堂社長・岩田聡氏の逝去、小島秀夫監督とコナミとの問題など大きなニュースも多く、普段ゲームを遊ばない人でも業界に注目する機会は多かったのではないでしょうか。

 

相変わらずソーシャルゲームの勢いは衰えない様子ながらも、少しづつ次世代機向けのタイトルの発表も増え、ここ数年感じていた"ハイエンド機の海外に対してスマホばかりやってる日本"という流れが徐々に変わってきているのではないかと思います。


それと、今まで遊んだゲームは出来る限りTwitterプロフィール(http://twpf.jp/Holy_Grail_War)にメモしているのですが、この前数えてみたら200タイトルを超えていました。

ゲームは本や映像と違って、遊ぶ人や作品によって楽しめる時間が大きく違ってくるのでタイトル数自体はそこまで大きな指標にはなりませんが、一つも節目を迎えた感じはあります。

そろそろゲームは"遊ぶ"ではなく"作る"の方にシフトしたいが……来年は、来年はやる気を出そう……



【追悼・岩田聡 氏】

今年の7月に「いわっち」こと任天堂社長・岩田聡氏が亡くなりました。

いわっちは自分が一番憧れる"ゲームデザイナー"というより、"エンジニア"で"経営者"の立場にいた人だけど、カービィスマブラポケモンスタジアムの開発やポケモン商品の展開、ニンテンドーDS,Wiiの企画開発など、自分の人生とは切り離せないものに深く関わってきた人でした。

 

特に、自分が小学生の頃は「ゲーム脳」なんてエセ科学が話題になってゲームが目の敵にされてた時期で、そんな世間の悪いイメージをDSやWiiで変えた彼がいなければ、今でも親に隠れてゲームを遊ぶことになってたかもしれません。

いつか「社長が訊く」のコーナーに出て、作ったゲームのこだわりやものづくりの底にあるものとかを「直接」インタビューされるのが夢だったけど、絶対に叶わない夢となってしまったのが本当に残念です。

 

 

我が家の任天堂ハードたち

f:id:Onigiri-IT:20151230200023j:plain

f:id:Onigiri-IT:20151230200033j:plain