ウェイに逢うてはウェイを斬り、オタクに逢うてはオタクを斬る。

世に従えば身苦し。従わねば狂せるに似たり。

2015年 GAME OF THE YEAR 大賞発表

マルチプラットフォームのタイトルでも自分が遊んだハードのみ記載。良い点は赤文字、悪い点は青文字で。

 

~2015年 GAME OF THE YEARノミネート作~

ブラッドボーン(PS4)

f:id:Onigiri-IT:20151230181628j:plain

発売:ソニー・コンピュータエンタテインメント

開発:フロム・ソフトウェア/SCEジャパンスタジオ

フロムソフトウェアらしい高い難易度と達成感

・ソウルシリーズよりアクション面が重視されている

・意外な発見が多く立体的に入り組んでいて探索が楽しいレベルデザイン

・グラフィック、フレームレート、ロード時間(アップデートで割と改善)等の技術的な部分が次世代ゲームを感じさせるには物足りない

・オンライン要素(対人戦,聖杯ダンジョン)には不満が残る

 

The Witcher 3: Wild Hunt(PC)

f:id:Onigiri-IT:20151230181638j:plain

発売:スパイク・チュンソフト

開発:CD Project RED

・正直かなり微妙な前作からは想像できないほどの進化

・膨大なテキストが完璧なクオリティでローカライズされている

・丁寧な導線のメインクエストと水増し感のないサブクエスト

・舞台は広大なオープンワールドだが探索要素に乏しい

・後半になるほど戦闘の単調さが目立つ

 

メタルギアソリッドV ザ・ファントム・ペイン(PS4)

f:id:Onigiri-IT:20151230181656j:plain

発売:コナミデジタルエンタテイメント

開発:小島プロダクション

・豊富な武器と多彩な戦略がオープンワールドと合わさってリプレイ性を高めている

・戦車や重武装でゴリ押しも可能な一方でステルスアクションの緊張感も楽しめる

・クリアしてすぐは戸惑うがよくよく考えると小島監督らしい形でメタルギアサーガを終わらせた

・課金システムを無理に組み込んだように思えるオンラインモード(FOB)

・特典映像にあったミッションを完成させてから発売して欲しかった

 

Fallout4(PC)

f:id:Onigiri-IT:20151230181703j:plain

発売:ゼニマックス・アジア

開発:ベセスダ・ソフトワークス

・前作Fallout3やSkyrimに並ぶ圧倒的な没入感とグラフィックスの向上で更に表現力が増した「核戦争後の世界」

・クラフト要素(街作り,武器改造)によってアイテム収集がより楽しくなった

・有名なFPSタイトル程ではないがRPGとして見ると銃撃戦の完成度は悪くない

・クラフト以外には遊びに目新しさが少ない

ローカライズが雑すぎる

 

 

 

2015年は豊作の年、虚無な現実と比べ物にならないほど仮想現実は充実してました。

 

 

さて2015年 IT鬼切の心に残った GAME OF THE YEARを発表します……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Onigiri-IT:20151230195839j:plain

 

私が選んだGOTYはメタルギアソリッドV ザ・ファントム・ペインです。

 

発売前、図らずもヴェノム・スネークと同じ髪型になっていたため「俺はスネークだ」とか冗談で言ってたら、エンディングで大塚明夫小島監督から「今日からはお前がスネークだ」と告げられ第四の壁がぶっ壊れて、スネークの失った9年間と自分の虚無な3年間や、スネークが抱えるアメリカのような多数派・正義へ向けたVenomと自分が抱えるウェイオタクへのVenomがもう完全に重なってしまった。

 

小島監督はファンやクリエーター友達が沢山できてから、「俺に仲間はいない。俺はいつも一人だ」とか言ってた孤高のソリッド・スネークよりカリスマで人気者なビッグボスを選ぶようになったけど、今回のヴェノム・スネークの何とも言えない孤独感は良いよ。やっぱフィクションは現実が楽しくない人の側に立って作るべきだ。

 

ありがとう小島プロダクション。今日からは俺が、スネークだ。

 

 

~その他2015年発売の遊んだゲーム~

ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D(3DS)
新次元ゲイム ネプテューヌVII(PS4)
Cities: Skylines(PC)

モンスターハンタークロス(3DS)

 

2015年と関係ないゲーム・総評などは続く別記事で

it-onigiri.hatenablog.com