読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェイに逢うてはウェイを斬り、オタクに逢うてはオタクを斬る。

世に従えば身苦し。従わねば狂せるに似たり。

アイドルマスターシンデレラガールズ一挙振返り感想【前編】

f:id:Onigiri-IT:20151002191621j:plain

神アニメ・アイドルマスターシンデレラガールズもそろそろ終わってしまいますね。思い出を噛みしめるために全話の感想を簡単にまとめます。

 

1クール目は一話が一番重いので、あえて最後にもってきています。まずは二話から。

 

第二話「キャラの名前が覚えられない」

面白さ:★★★★

あらすじ:シンデレラプロジェクトのメンツが集合。

みどころ:「アイドル多すぎない?」と臆することなくこの世界のタブーに踏み込む渋谷凛と、超人的なジャンプ力を発揮する渋谷凛。

 

第三話「フライドチキン」

面白さ:★★★★

あらすじ:城ヶ崎美嘉の気まぐれからバックダンサーに選ばれた渋谷凛、島村卯月、本田未央の三人は一気にアイドル沼にはまっていく。

みどころ:緊張しすぎて今にも吐きそうな二人を「行くよ!」と動かした渋谷凛。

f:id:Onigiri-IT:20151002191612j:plain

 

第四話「キャラクター紹介」

面白さ:★★

あらすじ:プロモーションビデオを取るという形でキャラ紹介。

みどころ:この辺で主要キャラの名前が覚えられるようになる。

 

第五話「叛逆の前川」

面白さ:★★★★★

あらすじ:前川みくの反骨精神が覚醒する。『山猫は蛇への擬態を好むものだ』(via MGS4)

みどころ:恥かしそうにユニット名「プリンセスブルー」を提案する渋谷凛、お父さんが考えたという言い訳(?)も良い。あと前川みくの涙。ついでにケーキを食べる島村卯月がかわいい。

f:id:Onigiri-IT:20151002191613j:plain

 

第六話「お客さんめちゃくちゃ少ないじゃん!」

面白さ:★★★★★

あらすじ:美嘉姉ライブで狂った価値観が見せた幻覚症状が治まり、ニュージェネレーションズ最初の試練が始まる。

みどころ:一瞬心配そうな顔をしてから「キッ」という感じで睨みつける渋谷凛、最高だった。

f:id:Onigiri-IT:20151002191614j:plain

f:id:Onigiri-IT:20151002191615j:plain

 

第七話「神回再び」

面白さ:★★★★★★★

あらすじ:乱心の本田未央、不安定な渋谷凛、絶望的状況を救ったのは主人公のアイツだった。

みどころ:手を引っ張ってくれる人がいないと途端に脆くなる渋谷凛の心の弱さ。戦局を一転させた島村卯月の天使のような「笑顔」。夕映えプレゼントのアレンジが流れる瞬間は神シーンの法則。

f:id:Onigiri-IT:20151002191618j:plain

f:id:Onigiri-IT:20151002191617j:plain

 

コラム・渋谷凛の見た目が不良っぽいという人たちへ

部屋には人間性が出ます。渋谷凛の部屋を見てください、あの簡素で片付いてるシンプルな部屋を。あれで不良な訳ないでしょ? しかもアイドル活動してないときは家業の花屋を積極的に手伝うあの家庭的な姿。渋谷凛が不良であるはずがない。

f:id:Onigiri-IT:20151002191616j:plain

 

第八話「中二病でも恋がしたい 三期」

面白さ:★★

あらすじ:中二病のアイドルが出てくる。

みどころ:馬の蹄鉄について解説する渋谷凛、凛ちゃんのセンスが段々とわかってくる。

 

第九話「なんかテレビ番組をやる話」

面白さ:★

あらすじ:キャンディーアイランドというアイドルユニットが出てくる。

みどころ:特になし。

 

第十話「ちい散歩x2+でかいの」

面白さ:★★

あらすじ:背が小さい2人と背がやたら高い1人が街を散歩する。

みどころ:凸レーションの代理として呼ばれた渋谷凛が衣装をチラ見した後の「留守番してればよかった」のなんとも言えないジト目。妹思いの城ヶ崎美嘉

f:id:Onigiri-IT:20151002191619j:plain

 

第十一話「仲良し二人組」

面白さ:★★★★★

あらすじ:美しい友情。地味に神回。

みどころ:前川みく多田李衣菜の組み合わせは良すぎる。一緒に歌詞を考える件が特に最高。ØωØver!!も個人的にツボで「今走り出す夢と奇跡が光って」のとこが脳内リピートされる。

f:id:Onigiri-IT:20151002191620j:plain

 

第十二話「大学生の合宿」

面白さ:★★

あらすじ:自分も新田美波も同じ大学生なのに、俺のゼミ合宿はつまらなくて奴らの合宿は楽しそうなんだが。

みどころ:仲よさげなニュージェネレーションズの面々。

 

第十三話「夏フェス」

面白さ:★★★★

あらすじ:ついにやってきたシンデレラプロジェクト初の合同ライブ。そして視聴者に与えられたのは長い忍耐の時間、分割2クールは予想してたが辛かった。

みどころ:ニュージェネレーションズ初のライブシーン。アイドルやめなくてよかった本田未央。「楽しかった、と思う」と夢中になれる何かに一歩近づいた渋谷凛。

 

 

第一話「神アニメの始まり」

面白さ:★★★★★★★★

あらすじ:アイドルに興味がなくプロデューサーの勧誘を断り続けてきた渋谷凛、アイマスに興味がなく友人から勧められても手を出さなかった自分が、島村卯月のあの笑顔で変わった瞬間。

この一話だけセカイ系というか(違うけど)、俺と渋谷凛と島村卯月とプロデューサーだけで全てが完結している美しさ。おかげで原作を知らない人にも優しい作りになってたのは良かった。

みどころ:1秒たりとも無駄なシーンがないので全てみどころなんだが、強いて言うならやはり夕映えプレゼントのアレンジが流れる瞬間は神シーンの法則。

 

f:id:Onigiri-IT:20151002191623j:plain

f:id:Onigiri-IT:20151002191624j:plain

 

f:id:Onigiri-IT:20151002191625j:plain

f:id:Onigiri-IT:20151002191626j:plain

 ↑俺が視聴継続を決定した瞬間

 

 

 

しかし、実はとんでもない地雷伏線があるのもこの一話。

 

 

 

f:id:Onigiri-IT:20151002191622j:plain

23話で爆発する超ド級爆弾「採用理由:笑顔」

 

 

24話を前に俺と凛はどうすればいいのか……