読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メタルギアソリッドVとソーシャルゲームへの報復心

ゲーム

久々にゲームのことを書きます。内容はこの前発売したメタルギアソリッドV ファントムペインについて。ネタバレは極力少なめなつもり。

ゲームの出来に関してはもう史上最高のステルスアクションゲームだということに尽きる。正直これ以上言うことはない。

子供の頃かくれんぼをしたことがないまま大人になった人がいたら、きっと「かわいそう」と思うでしょう。今の時代に生きていながらMGSVをやったことのない人がいたら同じくらい「かわいそう」なレベル。

アクションゲームが苦手な人にはちょっと辛いかもしれない難易度だが、メタルギアシリーズを知らないからと敬遠するには勿体なさすぎる。できれば旧世代機版ではなくPS4かXbox oneかPCでやろう。

こんな感じでゲームとしてはケチのつけようがないものなんですが、メタルギアサーガ最後の物語としては自分が求めていたものと違った形になってしまったことが少し残念。

 

まず物語のラストについて。これは恐らく納期とか予算とか関係なく小島監督が今回やりたかったことなんでしょう。これが自分の求めていた終わり方と真逆だった。

MGS4のように過去作のキャラが一同に集まって(後付け設定でもいいから)綺麗に空白を埋める大団円エンディングを期待していたところ、MGS2みたいなやり方でプレイヤーをゲーム内に巻き込んだ上で「今まで遊んでくれてありがとう」と言われて終わる。そんな感じ。

後述するのコナミとの確執で事実上確定してしまった「最後のメタルギアサーガとしてのMGSV」に関して一つの答えは出しているものの、素直に分かりやすい感動を与えてくれる類のものではなかった。

 


もう一つは、前半のしっかりした作りに対して後半のストーリー展開があまりにも駆け足で、本来やろうとしていた脚本を大幅に削ったのではないかということ。

更に限定版の特典には本編未収録のエピソードが製作途中のムービーや設定画を交えた動画として見られるが、おまけストーリーというよりこれが本来予定されていた後半の展開だったのではないかという内容のもの。

これらを仕上げてゲームに実装してから発売する予定だったものの、開発の意向を無視してコナミが発売日を強行採決した結果としか考えられない。


ゲーマー界隈では有名な話ですが、以下コナミ小島プロダクションの確執

2015年3月4日コナミの役員人事異動が発表

www.konami-digital-entertainment.co.jp


カード収集型ソシャゲーの草分け的存在「ドラゴンコレクション」を売りだしたプロデューサーが新社長になり、同時に取締役員だった小島監督は役員会から除名。


新社長のインタビュー、「潜在的な課金モチベーション」という恐ろしい概念

trendy.nikkeibp.co.jp

 


同日、3月4日にMGSVの発売日が発表

www.konami.jp


当時は発売日決定に喜ぶばかりでこんな事情があるとは知らなかった……

 


3月中には、過去のメタルギアソリッド作品のwebサイトから小島プロダクションのロゴや「A HIDEO KOJIMA GAME」表記だけが削除されたり、既存の広報用Twitterアカウントを消されて新しい物に変えられたり、小島プロダクションのweb番組「コジステ」が唐突に打ち切られたりと明らかに不穏な出来事が頻発。

この間、普段は喋り好きな小島監督は自身のTwitterやメディアで一切何も話さず(緘口令が敷かれていた可能性)、後に映画監督のギレルモ・デル・トロやスネーク役の大塚明夫からコジプロが"解散させられてしまった"ことが明かされる。

 

ちなみにMGSVにはMGOと別のオンラインモードに課金要素があるが、コナミのサーバ運営がグダグダ過ぎて墓穴を掘っているので意味が無い。本編だけで充分面白いので無視しても問題なし。



最初に書いたようにゲームとしては最高で、他のものに一切の気を奪われることなく久々に没入感のある体験ができただけに、これが最後のメタルギアというのは本当に色々と辛いものがある。

 

 
「まだだ、まだ終わってない」と言ってくれ頼む……


そして今、自分の好きなゲームの未来を奪ったソーシャルゲームとそれを増長させるライトユーザーに対する報復心が凄まじいことになっている。

ゲーマーのためのゲームとスマホの暇つぶしは競合しないのではなんて考えてた時期もあったが甘かった。

コナミのような企業にとってはどちらも同じゲームという商品でしかなく、金と時間とクリエーターのこだわりが存分に注がれた超大作はリスクの高いお荷物と判断されたのが現実だった。

小島監督がかつて「ライトユーザーなど死んでしまえ!」と冗談混じりに言ったことがあるそうだが、俺は本気で「ライトユーザーなど死んでしまえ!」と叫びたい。

 

f:id:Onigiri-IT:20150916222134j:plain

↑今の自分