読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェイに逢うてはウェイを斬り、オタクに逢うてはオタクを斬る。

世に従えば身苦し。従わねば狂せるに似たり。

春から大学生の君へ、IT鬼切がオススメするパソコン購入プラン

【前提条件】
・まだ自分用のパソコンを持っていないこと
・理系か情報系に進学する学生でないこと
・購入資金の出資者がIT関係に疎いこと


【事前準備】

まず、大学生協の資料を集めます。

資料の中には必ずキャンパスパソコンの広告が入っているはずです。

その広告を親類や援助者に見せながら「ぼく、大学でのお勉強のためにパソコンが必要なんだ」と言いましょう。

あくまでパソコンが欲しいのではなく「お勉強」のツールが欲しいということを強調すること。キャンパスパソコンならなんとなく安心という純朴な雰囲気を醸し出すこと。この二点が重要です。

親世代が学生の頃、世にパソコンは普及していませんでしたから、彼らに大学生活にパソコンが必要であるかを判断する能力はありません。

大学入学のお祝いムードも手伝って、まあおそらく出資を承諾してくれるでしょう。

こうして君は「キャンパスパソコン購入費」として約17万円(※中央大学生協のキャンパスパソコン調べ)の資金調達に成功します。



【IT鬼切が自信を持ってオススメするパソコン購入プラン】

どんな大学生活を送りたいかによって、購入すべきパソコンは大きく異なります。

 

まあ17万円もの資金があれば、大抵のパソコンは買えるので安心してください。

 

キャンパスパソコンがぼったくり価格高性能のフラグシップマシンであることに感謝ですね。

 

以下の4つのプランを用意しましたので、自身の人間性に照らし合わせて選択してみましょう。

 


プランA:意識高く生きる人

人々からの無駄な視線を集め、意味のない会議の場を支配することを望む貴方には、象徴性の高いパソコンが必要です。

MacbookVAIOSurface等の美しく洗練されたプロダクトを購入し、本当は没個性な自分を飾りましょう。

素晴らしいパソコンをファッション感覚で使うことによって一部の悪い機械オタク達の怒りを買いますが、文系大学で気にする必要はないでしょう。

 

 

プランB:オタクとして生きる人

大学と大学生を嫌悪し、家に引きこもって仮想世界への没入を望む貴方には、力と可能性を持つパソコンが必要です。

BTOや自作で満足いく性能のデスクトップ機を手に入れ、極上の現実逃避を味わいましょう。

最新の3Dグラフィックスで描かれる美しい世界に浸れば、汚い大学社会でのストレスも和らぐかも。

 

 

プランC:ウェイとして生きる人

言語を捨て、酒を煽り、欲望のままに生きる蛮族・ウェイとしての生活を望む貴方に、本来であればパソコンなど必要ありません。

安価なものや中古品からキャンパスパソコンと同じような雰囲気のものを購入し、適当に出資者の目をやり過ごしましょう。

残ったカネは飲み会とかに使えばいいんじゃないでしょうか。


プランD:善良な大学生として生きる人

ウェイの文化侵略と承認欲求汚染により、モラル、正義、優しさ、全てが崩壊した大学で、それでも道徳を信じる貴方には、正直に生きることが必要です。

そもそも「キャンパスパソコン購入費」として得たお金なので、普通にキャンパスパソコンを買いましょう。

 



いかがでしたか?

きっと、あなたに最適なパーソナル・コンピュータが見つかったはずです。








真剣にパソコンの購入で悩んでいる方はコメントにでもどうぞ。

 

おそらく真面目に回答します。